バリュー評価
会社の価値観を理解して いかに行動できたかを評価

バリュー評価

バリュー評価とは

バリュー評価とは、会社の価値観を理解して、いかに行動できたかを評価します。 なぜバリュー評価が必要なのでしょうか。今やインターネットやSNSの普及により、情報が早く広範囲に伝わるため流行の変化も激しい時代です。それに伴い、商品や提供するサービスのライフサイクルも短命となり、会社が生き残るためには常に先を読み創造し続ける力が必要となります。例えば、新たなヒット商品やサービスは、社員が会社の価値観を理解し会社として「自らやるべき仕事」を考え、判断し、行動しなければ決して生まれないのです。    

社員は会社の未来を考え行動してますか?

スピード感や行動力が必要な時代に、社員は自ら行動していますでしょうか。 常に待ち状態の社員だけでは将来の発展は望めません。 Vevaの「バリュー評価」はそんな危機感を持つ企業の課題を解決します。 バリュー評価は会社として「儲かる仕組み」を社員自らが考える風土にするために、会社の「価値」とは何か?何をすれ ばその「価値」を磨けるのか?を行動指針に落とし込み、この行動指針にどれだけ取り組めたかを評価します。

主な機能
    • 評価項目の設定

役職や等級別に行動指針の難易度を変えて評価項目を設定することができます。評価項目は自社の行動指針に合わせて自由に設定することが可能です。

    • 社員情報の取込、出力

社員情報をファイルで一括アップロードすることができます。逆にVevaに登録されている社員情報をファイルでダウンロードすることができます。

    • 多面評価の採用

評価者として被評価者の上司、部下、同僚など多方面の社員を設定します。立場の違う複数の社員から評価を受ける仕組みです。被評価者からは評価者が分からないようになっており、評価によって人間関係が崩れる心配はありません。

    • 案内メールの自動送信

評価開始時期や承認依頼などの案内を対象者に対し自動でメール送信します。

    • 評価集計のグラフ表示

評価者が評価した結果を集計しグラフ化します。集計結果はレーダーチャートと散布図により視覚的に確認し、自己評価との違いを把握することができます。

    • 評価調整

評価者の評価集計後、人事会議などで全体の評価結果のバランスを見ながら個々の評価の調整(修正)を行うことができます。


人財開発カルテ
会社の将来を見据えた社員の能力開発は行えていますか? 一人一人の能力を把握し発揮できなければ、将来の発展は望めません。 そんな危機感を持つ企業の課題を『人財開発カルテ』で解決! 社員の「強み」「弱み」を把握し、能力開発に明確な筋道を立てます。